本文へ移動

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

 地域社会においての民間の自主的な福祉活動の中核として、住民の参加する福祉活動を推進し、保健福祉上の諸問題を地域公益性の高い民間の福祉団体で、住民が安心して暮らせる社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進を使命とする組織であります。
 また、社会福祉協議会の名称を略して「社協(しゃきょう)」といいます。

概要

 村田町社会福祉協議会は、社会福祉法の前身である社会福祉事業法が 制定された昭和26年に民間の社会福祉活動の強化を図るため全国、都道府県段階で誕生し、市区町村で組織化がすすみ、福祉活動を展開し、昭和39年に任意の団体として発足しました。 年々福祉問題の増大や多様化する中、地域住民の要望や、体制の改善、地域福祉のニーズに即した活動を推進するため、昭和58年に社会福祉法人として認可を受け、新たにスタートしました。
その後、町民全体の福祉意識の高揚を図るため「住民総参加で健康・福祉をの街づくり」合言葉に広く町当局の福祉、保険、医療との連携を図り地域福祉活動の充実のために展開しています。
平成12年には新たに介護保険事業として居宅介護支援事業、訪問介護事業、訪問入浴事業、福祉用具貸与事業の四つの事業を立ち上げました。

組織図

社会福祉法人
村田町社会福祉協議会
〒989-1305
宮城県柴田郡村田町大字村田字
大槻下5番地
TEL.0224-83-5422
FAX.0224-83-5585
TOPへ戻る