本文へ移動

自主事業



福祉用具貸与事業

目的
介護保険対象外で、利用者が長期にわたり、寝たきり老人と身体障害者を抱える世帯に対し、福祉用具貸与を貸与することによりその世帯の福祉の増進を図ることを目的とする。
利用者負担金
利用料運搬料(会員世帯) : 無
消毒料 : 有
支払方法
初回(1回のみ)利用料+消毒料

生活安定資金貸付事業

目的
町内に居住する低所得者に対し、小口の生活資金の貸付と必要な援助、指導を行うことにより自立更正と生活安定に寄与することを目的とする。
貸付金額
50,000円  特別70,000円

福祉教育推進事業

目的
町内の学校から依頼により、社協職員が指導にあたり福祉体験学習に協力する。
活動内容
高齢者の擬似体験・車椅子体験等の体験型講座
様々な福祉学習
対象校
町内の小中高校

歳末たすけあい配分事業

目的
共同募金運動の一環として地域住民のボランティア、民生委員、児童委員、社会福祉施設、社会福祉協議会等の関係機関・団体の協力のもとに新たな年を迎える時期に、支援を必要とする人達が地域で安心して暮らすことができるよう住民の参加や理解を得て福祉活動を重点的に展開するもの。
平成14年度実績
2,684,372円

生活相談事業

目的
町民の悩みや生活の向上のための相談に応じ指導助言を行い、住民の福祉の向上を図ることを目的とする。
開催場所
村田町社会福祉協議会(相談室)
開所日
毎週水曜日
開設時間
午後1時から午後4時
相談員
6人

地域福祉活動推進事業費

目的
支部が地域福祉活動を促進するため交付する。
活動内容
本年度会員会費を集めた2割額を交付している。

社協だより発行事業

目的
地域住民に社協の事業の報告、予算、決算報告、寄付行事のお知らせを社協だよりを通じて、理解してもらう。社協本たらいのあり方、社協が何をしているのか、わからないとのことがないよう広報を通じてアピールしてくことを目的とする。
発行回数
年2回

ふくし祭り事業

目的
町民参加を旗印に福祉に対する認識と参加を求め心機一転町民が一堂に集まり地域ぐるみで支えあう福祉の町づくりについて「住民総参加で健康・福祉のまちづくり」の実現を目指して開催。
開催場所
村田町町民体育館
開催日
年1回

災害見舞等事業

目的
会員が被災(自宅が水害、火災、その他の災害により家屋又は家財を減失)した場合に贈る見舞金。

各種福祉団体への助成

目的
社会福祉事業の進行を図るため
助成団体名
村田町母子寡婦福祉会
村田町身体障害者福祉協会
仙南心身障害児者親の会村田分会
村田町精神障害者家族会
村田町民生委員児童委員協議会
村田町心身障害者通所作業所ひまわり園

在宅介護者の集い事業

目的
家庭で寝たきりの老人や痴呆性老人の介護に当たっている介護者を対象に、介護疲れを癒すためと心身のリフレッシュを図るため開催している。
活動内容
交流会(介護予防の話・体験発表・情報意見交換等) 昼食会 入浴
社会福祉法人
村田町社会福祉協議会
〒989-1305
宮城県柴田郡村田町大字村田字
大槻下5番地
TEL.0224-83-5422
FAX.0224-83-5585
TOPへ戻る